まっくら森

水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」について日々思うことを綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲゲゲの鬼太郎 第80話 美女と寝太り!連続妖怪事件 

こんばんはー。
しばらく留守にしてしまいました。
ご心配頂いた方、すみません!
少し体調がすぐれない時期が続いてしまったのですが、
病気とかはしておりません。

とりあえず、先週のレビューだけ簡単なのをアップしておきますー。

以下、ネタバレご注意下さい!

今週は、声優さんつながりのミステリー仕立て?と思いきや
ねずみ男主役のほのかな恋愛ものでした。
敵わぬ恋に落ちたねずみ男がいつもと違う侠気を見せるお話って
定期的に放映されている気がする……。
個人的には結構好きなので、問題ないのですが!

ただ、今回の妖怪寝太りは結構危険な妖怪な気が……。
毎回行方不明になっているという恋人の行方が大変気になります。

一方で、最近鬼太郎&ネコ娘の仲がさりげなくいいのは
大変好ましいです(笑)
このまま劇場版まで行ってくれるに違いないと期待してます♪

詳細は追記にいたします。
留守中にも暖かい拍手ありがとうございます。

さて、お話を見て行きましょう。

街中で発生した謎の大爆発で、男性が1人行方不明になります。
近くに居合わせた鬼太郎は妖気を感じてかけつけますが、
そこにいたのは恋人を失ってうろたえる眼鏡の美女はるかさんでした。
一瞬感じた妖気から、事件に妖怪が関係していると感じた鬼太郎は
ネコ娘とともに、文献や現場を調査します。
そこで分かったのは、過去に同じような事件が何回も発生していること、
そして、毎回1人の男性が行方不明になっていること。
鬼太郎は、この行方不明の男性こそが妖怪であり、
爆発を引き起こした後に行方をくらましているのではと仮説を立てます。

一方、街をうろついていたねずみ男は、偶然、
行方をくらました恋人を探すはるかさんに出会います。
その美貌に人目惚れしたねずみ男は協力を申し出て、
一緒に恋人である ”一太郎さん” を探すことになります。
しかし、そう簡単には見つからない。
夕方まで探し歩いたねずみ男は、協力に感謝したはるかさんから
お礼に家に招かれて、食事をご馳走になることになります。

同じ頃。
30年前に爆発事故があった現場に向かった鬼太郎とネコ娘は
事件のことを知る人と出会います。
その人に見せてもらった写真に写っていたのは
――今と変わらぬ美しさで微笑むはるかさんでした。
妖怪は行方不明の男性ではなく、はるかさんだった。
そのことに気付いた鬼太郎は、はるかさんの元へと向かいます。

そうとは知らず、はるかさんに食事をご馳走になるねずみ男。
テーブルの上一面に食べきれないほどの手料理を並べられ、
かいがいしく世話を焼いてもらったねずみ男は、つい、
「 はるかさんと結婚できたら幸せだよなぁ 」
と漏らします。
すると、はるかさんもまんざらでもなさそうな顔で
「 あたしもねずみ男さんに出会えてよかったわ 」と。
思わぬ展開に、でれっと顔をほころばせるねずみ男ですが、
次の瞬間、「 なんだかすごくお腹が空いてきちゃった!」と
つぶやきながら、食事を始めたはるかさんを見てびっくり。
ものすごい量の食べ物を、ものすごい勢いで食べまくっていたのです。
はるかさんによると、男の人と食事をしているときに
幸せな気持ちになるとすごく食欲が湧くのだとか。
呆然とその様子を見守るねずみ男の眼前で、
全てを食べ終わったはるかさんは、ふうっとあくびを1つもらすと、
今度は居眠りを始めます……。

途端に、はるかさんの身体が爆発的に広がり始めます。
まるで、肉の海……。
そう、はるかさんこそが事件の元凶――妖怪寝太りだったのです。
妖怪寝太りとは、たくさん食べると眠たくなり、
眠ってしまった瞬間に、巨大な肉の塊になるという妖怪。
本来、肉の増殖は眠りについた一瞬だけのはずが、
驚いたねずみ男が抱き起こしたはずみに、
自らの身体を見てしまったはるかさんがショックで気絶し、
そのまま増殖が止まらなくなってしまいます。
このままでは、街が壊滅状態になるという危機に、
駆けつけた鬼太郎は、はるかさんの部屋に乗り込みます。

その間、寝太りの肉の広がりをおさえるのは、
肉を固める砂を使う砂かけ婆とネコ娘、
そして、身を挺して肉の増殖を押しとどめるぬりかべと子泣き爺です。

一方、部屋に入った鬼太郎はリモコン下駄の先導で
肉の壁をかき分けながらはるかさんの頭部を探します。
恋したはるかさんの窮地をすくうべく奮起したねずみ男は、
屁の力を利用して、肉壁を押し上げて血路を開き、
鬼太郎に抱き上げられたはるかさんはそのあまりの悪臭に
気絶から目を覚ますのでした。
途端に、収縮して元に戻る肉の塊……。
その跡には、行方不明だった恋人の一太郎さんが倒れていました。

自らが妖怪だと自覚のないはるかさん。
どう対処すべきか迷いのある鬼太郎は、
「今後決して食べ物を食べ過ぎないと約束できますか」
と問いますが、理由を問われて言葉に詰まります。
そこに進みでたねずみ男が諭すように、
「 一太郎さんを失いたくなかったら、食いすぎは絶対ダメだ 」
と語りかけると、はるかさんも納得します。

最後はちょっと切なげなねずみ男が
ネコ娘をからかうエピソードで締め。

今回は鬼太郎の推理が中心になるのかなと見ていたら
ねずみ男のほのかな恋物語でした。
それにしても、やはり寝太りは危険が気がするんですよね。
これって本当は恋した男性を食ってしまう妖怪の話なのでは……。
うがち過ぎかな。

さて、次回は、決闘!妖怪ハンター対針女のようです。

針女は水木先生の創作妖怪のようですね。
妖怪ハンターとは人間でも妖怪と戦う人がいるということですね。
次回も四十七士は出なそうですが……。

スポンサーサイト
御無沙汰してます,織媛です。もう日曜日になってしまいましたね。
次の鬼太郎の話もスタンバっておかないとです。ゆゆさん大変じゃないっすか。
今回の話は寝太り。やはり女の敵な妖怪ですねぇ。あれだけの肉塊が出てきたら
絶対絶対街じゅう大パニックになっちまいますって。そこんトコもっと繊細に
映してほしかったってのが正直な気持ちですかね。ネズミ男が久々に活躍して
嬉しかったですねぇ。彼はヒール役もいいけどこうゆう役柄も捨て難いですよ。
惚れた女にゃ一途なのがネズミ男。3期映画のカロリーヌちゃん然り,4期の
小百合さん然り(どちらとも向こうから好きになったんですが)いざとなれば
やらかしてくれるのがネズミ男です。金もいいけど女もいいのがネズミ男の
一面の1つです。そして武器はやっぱりオナラ。相変わらず破壊力抜群です。

自分が妖怪だというのも知らずに何十年生きてきた遥さん。しかし,彼女は
いつから妖怪寝太りになったのでしょうか?元々寝太りって憑き物系の妖怪
ですから,何らかのきっかけで妖怪になったと思うのですが。しかし,何よりも
やはりあの大食いには圧巻させられますね。ギャル曽根もビックリの大食ぶり。
現実でも食って寝て喰って寝てを繰り返せば太りますが,あれだけ大量の肉塊は
さすがに出ないですよね。でも,一体肉塊が充満した時の彼女の体重は果たして
どれくらいなのでしょうか?軽くトン単位超えてますよね?それでマンションが
崩れないってどんだけなのでしょう?…ネズミ男を引っ掻く猫娘。だけど今回は
何だか彼女の方が先にネズミ男にちょっかいを出したような気がしますね。
ネズミ男はそんな猫娘に少しカチンと来て憎まれ口を返したってトコでしょうか。
猫娘はネズミ男がいつもと僅かながら様子が違うと敢えて自らちょっかいを出して
元に戻しているのでしょうか?そしていつもの彼と確認次第即刻引っ掻き!ってか?

次回…というよりももうこの時間帯じゃ放送されましたね。次回は針女の話です。
針女とは「はりおんな」ではなくて「はりおなご」と言うのが正しいみたいです。
それにしても,彼女も水木先生の創作妖怪なのですか。他に有名な創作妖怪といえば
バックベアードとか,白山坊とかがいますね。創作妖怪なのにまるで本当にいるかの
ように感じられるのが水木先生の凄い所の1つだと思います。ウンウン………
んで,その針女は妖怪ハンターと長年対決しているとの事。その妖怪ハンターとは
3期のヒ一族じゃなくて,人間の妖怪ハンターです。最初に妖怪ハンターと知って,
一体何人の鬼太郎ファンが「ヒ一族!?もしかして女夜叉が出てくるかも!?」と
思ったのでしょうね~?だけどものの見事に我らの予想は外れてしまいましたです。
だったら女夜叉って一体いつになったら出てくるんでしょう?あのOPでまだ
出てきてないのは大怪獣(黒怪物?),天狐様,女夜叉,羽民(黒くて天狗っぽい奴),
龍(八岐大蛇?),ゴーレム,ゴーゴン姉妹(46話のゴーゴンは別固体だから省略),
妖精パック(現時点で私が最も注目している子。もしかして悪い子じゃない!?)と
まだまだ結構多めです。…私思うんですけど,今上記に挙げた連中はもしかしたら
劇場版には出てこないかもしれません。今やもう11月ですし,劇場版公開まで
あと10話未満しかないのに上記の妖怪全てをアニメに出すのはもはや無理な
気がします。それを言うなら妖怪四十七士だってほとんど同じ条件ですけど(苦笑)

…あぁそうだった!ゆゆさん大変!公式ページの方覗いてみたら,妖怪四十七士が
いつのまにか全員決まっちゃってたんです!私もうびっくらこいて何が何だか
未だ把握しきれていません!…んで,落ち着いて見てみたら結構意外なメンツが
集まっててですね。妥当な妖怪がいれば「え?お前が!?」ってな奴もいました。
広島県のおさん狐なんかは明らかに専用エピソードありそうな気がいたしますね。
しかしながら,私的に四十七士に選ばれて1番びっくりしたのは団三郎ムジナと
隠神刑部狸です。だってコイツら,八百八狸ですもん。じゃあ何だ?大怪獣蛟龍と
大鯰でとっても有名な八百八狸の話は5期じゃやらないの?ってな事になって
非常にショック。今まで歴代鬼太郎全てにおいて2話構成でやっていた超有名な
話なのに…もちろん,葵ちゃんや雷獣のように最初は敵として登場するかもしれない
可能性もあるにはあるんですがね。だけどまさか彼らが選ばれるだなんて…(動揺)

…劇場版ゲゲゲの鬼太郎の前売り券…いい加減そろそろ買わないとですね。うん
まだ買ってなかったんです。あれよあれよと時間が過ぎていっちまいまして…。
まぁ,当日楽になるに越した事はないし,前売り特典(この時期じゃもうないかも)も
もらえますしね。それじゃ,キリのいい所で終わりにします。この続きは次回の
「妖怪ハンター対針女」の記事で話させていただきたいと思います。では…
[ 2008/11/02 10:12 ] [ 編集 ]
公式ページで発表されたらしいです。 携帯からは見れないので残念なんですが、↓の織媛さんのコメントによるとマイナーな妖怪も選ばれてるとのこと、楽しみです!
前回は寝太りでした・・・いくら普段が美女でも食べすぎて寝たとたんにあれでは怖いですね。 あんな肉塊に迫られたら自分死んじゃいそうです。 どうせなら倒してほしかったなぁ。
今日の針女の話は個人的にはかなり好きなほうにはいります。 ゆゆさんも是非見て下さいね
[ 2008/11/02 12:01 ] [ 編集 ]
> 織媛さま

記事のアップだけじゃなく、お返事まで遅れてしまってすみません。
今回はがんばって記憶が新しいうちに書いちゃいました!

さて、今回はねずみ男のほのかな恋物語。
全体にちょっと大味だったかなとも思ったのですが、
久々に切ないねずみ男が見られてよかったかな。
ラストのねずねこの絡みですが、私もネコ娘がわかってやっているかなと
ちょっと勘ぐりましたよーi-178
気落ちしたねずみ男を元気づけるために、わざとちょっかいをかけて
気を逸らせたのかななんて。
最近のねずねこには、それくらい気心が知れた雰囲気がありますよね!!

そして、もう放映されちゃいましたが、次回は針女。
てっきり「はりおんな」だと思っていたら、「はりおなご」なんですね。
ベースはあるようですが、wikipediaには水木先生の創作妖怪とありました。
その感想は記事本文に譲るとして、確かにオープニング等に登場しているのに
本編に片鱗もない妖怪はたくさんいますよね。
劇場版に登場するものも多いと思いますが、
全部は3月まで考えても間に合いそうもないですよね。
これも第3シーズンへの布石だったりして。

そして、妖怪四十七士、見ましたよ!
私は途中経過の投票をあまりチェックできていないのですが、
選ばれた面子だけを見ても結構語れそう。
なかなか面白いですよね。
マイナーなものも選ばれているところが特に!
この先どんな風に展開するのかちょっと楽しみです。
ただ、マイナーな妖怪もちゃんと1人ずつ仲間にしてほしいなぁと思います!

[ 2008/11/04 23:26 ] [ 編集 ]
> 智さま

コメントありがとうございます。
お返事、遅くなってしまってすみません。

妖怪四十七士、見ましたよー。
メジャーどころからマイナーなものまで網羅していて
かなり面白かったです。
各妖怪のデザインも5期っぽく動くのが楽しみ♪
できたら、私なりの感想を記事にしたいと思います。

さて、今回は妖怪寝太りでしたね。
起きているときは美女なのに、大食い後眠ると肉の塊に。
本人に自覚がない分、鬼太郎も扱いに困っていましたが、
毎回男性が1人ずつ行方不明になっているし、結構危ない妖怪ですよね。
ねずみ男に免じてとしても、ちょっと鬼太郎の処置は甘かった気もします。

そして、針女の回!
ちゃんとリアルタイムで観ました。
かっこよかったです。いいエピソードでしたよね。
よかったら、またその感想も聞かせて下さい。

[ 2008/11/04 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
メールフォーム
メールはこちらからお願いします↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。