まっくら森

水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」について日々思うことを綴るブログ。
月別アーカイブ  [ 2007年08月 ] 
≪前月 |  2007年08月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キタネコSS-3-2 夏の日 

こんばんは。
今日は、キタネコSS-3-2(短いの)だけ更新します。

なんてことない話ですが、鬼太郎とねこ娘の日常というか、
暑い夏の日とかなにしてるんだろうと妄想してみました。

このカテゴリーは、鬼太郎アニメ第4期のイメージで管理人が書いたSSを置いています。
相当妄想が入っておりますので、お許しいただける方だけご覧頂ければと思います。

【追記】
サイト化いたしました。
まっくら森(まとめ) → 
小説もこちらの方が若干読みやすくなっているかと思います。


-------------------------------------------

夏の日

蝉の声がさざなみのように響いている。
うっそうと茂る木々の中にいると、草いきれで胸が詰まるようだ。
ねこ娘は、大きなブナの樹の枝にまたがり、森の中を渡る風に吹かれていた。
紫の髪が、初夏の日の光に透けてきらきらと光る。

すぐ側の太い幹には、大きなミンミンゼミが一匹。
白と灰色が織り交ざった複雑な模様の樹皮にまぎれるように取り付いている。
ざらっとした質感に心惹かれて、ねこ娘はその褐色の羽にそっと手を伸ばす。
小さく震える薄い羽は、枯れ葉のような手触りだろうか。

「ねこ娘! そんなもの食べちゃダメだよ。」
急に声をかけられて驚いた拍子に手元が大きく揺れる。
狙っていた獲物は、ブンッと大きくひと唸りして飛び去ってしまった。
「食べないわよぅ! 失礼ね!」
「ははは。」
憤慨して見下ろすと、幼なじみの少年が笑顔でこちらを見ていた。
その表情から、ねこ娘は彼にからかわれたのだとわかる。
視線だけで少しすねて見せるが、それもまた戯れにすぎない。
「何か見つけたのー?」
彼の手元には、果実が数個ぶら下がっている細い枝が握られていた。
果実の表皮はつるんと張っており、赤く熟れているようにみえる。
「ああ。向こうにたくさんなってたよ。ちょうど熟れてる。」
「スモモ?」
「うん、多分ね。甘いよ。」
そう言いながら、枝からもいだ果実をひとつ放ってよこす。
大きな弧を描いて空を切る果実を両手で受け止めると、みずみずしく甘い香りが弾けた。
その皮をブラウスの袖でキュッキュッとこすってから、一口かじる。
つるりとした舌触りの表皮が破れ、筋張った果肉から甘酸っぱい果汁がしみ出した。
「もう少し採って、父さんやみんなにも持って帰ろう。」
「うん!」
「さあ、降りておいで。」
ねこ娘は、地上3メートルほどの樹の枝から、彼の元にためらいもせず飛び降りる。
その身体は重力を感じさせず、ふわりと一回転して着地した。
赤いスカートを閃かせながら、足音もさせず。

過ぎていく夏の一日。
夕暮れの手前、手と手を握り合って、山道を急ぐ。
家に帰り着いた後もこの時間が続くと思うと、足取りも軽い。

「ただいまぁ~!」
「おぉ、早かったのぅ。二人とも。」
「スモモがたくさん採れたのよぅ。池で冷やしておこうか? 」
「こりゃ、いい色に熟れとるのぅ。夕飯の後にみんなで食べるかな。」
「そうですね。父さん。」

ゲゲゲの森にやがて明かりが灯る。
蝉時雨は日の入りとともに静まり、あとはただ、風が渡るごうごうという音だけが響く。

(終わり)

スポンサーサイト

河童の三平 2 

こんばんは。

河童の三平を読んでますが、これはなかなかよいです。
水木先生の絵の美しさがタンノウできます。
特に、自然の風景が素敵だなぁ。

そして、妖怪大戦争で出てきた魔女花子タンが出てきました!
河童の三平が初出なんでしょうか。
こちらの方が、断然絵が可愛くて好みです。猫目の女の子は可愛いなぁ・・・。

夏休みなので、描いてみました。
魔女花子タン・・・。

hanako.jpeg

う~ん。
幼稚園児が書いた絵みたいですねぇ。
[ 2007/08/30 23:35 ] 河童の三平 | TB(0) | CM(0)

貸本版悪魔くんと蛙男 

こんばんは。
この記事は自動的に更新しているつもりなのですが、
機械とかPCとかに弱いので、うまくいっているか全く自信がないです。

今日は、昨日のお絵かきの続きで、貸本版の松下悪魔くんを描いてみました。

抹茶クリームフラペチーノを飲む悪魔くん。
meshia.jpeg※クリックで大きくなります。

そして、それに付き合って、キャラメルフラペチーノを飲む蛙男。
しかも、グランデ。

kaeru.jpeg※クリックで大きくなります。

それだけです。

貸本版悪魔くんっていつもコーヒーしか飲まないのですが、
実はまだ子供だし甘いものもすきかなと思って。
そして、蛙男もいつもコーヒーですが、悪魔くんの手前我慢してるのかもと思って。
蛙男は報われない感じですが、幸せそうですよねぇ。

では。

[ 2007/08/29 23:30 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

夏休み2日目 

こんばんは。

今日も今日とて、一日家でだらっとしていた夏休み2日目です。
お休みってあっという間に時間がすぎるから焦る~。

実は、私は明日から南の島に行くことになっております。
南の島・・・。
日本国内(というか家の中)で十分お休みを満喫できるのに、
なんでそんなところまで行くことになっているんだろうか・・・。

今から考えれば、先週末から京都に行って、世界妖怪会議に出席して、
その後、鳥取へ行って境港市でもぶらぶらして
水木しげるロードで魔女花子タンと写真でも撮ってくるのが正しい夏休みだった気がするのですが
夏休みの予定を立てたときには、こんなに水木しげるにはまると思ってなかった!
不覚でした。

とりあえず、河童の三平と悪魔くん千年王国と鬼太郎のマガジン版をスーツケースに詰めました。
全然日焼けしないで帰ってくる予感がします・・・。
[ 2007/08/28 18:26 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(0)

夏休み1日目らしく。 

こんばんは。

実は、今日から1週間夏季休暇なのですが、
1日目らしくだらだら過ごしてしまいました。

今日したことといえば、鬼太郎国盗り物語を読んで、猫娘に萌えたり、
海女房と一緒にチーズケーキを食べたり、
DSCF4001.jpg
悪魔くんのアニメを観たり、河童の三平を読んだり。

と書くと、意外といろいろしたような…。
いや、してないか。

あとはお昼寝してました。

[ 2007/08/27 23:49 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(0)

ゲゲゲの鬼太郎 第21話 首ったけ?妖怪恋物語 

こんばんは。

相変わらず、日曜日は朝9時に起きております。ゆゆです。
おかげで、最近休日が有効に使えている気が。
今日も午後早い時間からビールとか飲んでしまいました・・・。

昼からビール

努力目標を引き下げることが、人生を幸せに過ごす秘訣な気がする日曜日。

さて、今日の鬼太郎は、第21話 「首ったけ?妖怪恋物語」
ってことで、ろくろ首姐さんのお話でしたね。
どうでしたか、みなさん。
私はもうちょっとドラマチックでもよかったかなぁと思うんですが。
恋物語が唐突だったのと、彼がイケメン?すぎてついていけませんでした。

個人的には、
『おどろおどろに襲われる彼を、ろくろ首姐さんが身を挺して助ける。
しかし、それを見た彼は、「化け物だ!」って怖がって逃げてしまう。
姐さんはそのことに傷ついて妖怪横丁に戻ってしまうが、
彼は、どうしても姐さんとの楽しい思い出が忘れられなくて、
ネコ娘を探し出して、妖怪横丁まで姐さんを訪ねてくる。
ショックで落ち込む姐さんは、もう会いたくないって拒絶するけど、
彼はどうしてもあきらめきれなくて・・・。』
とか、それくらいベタでもいいのではないかと、妄想(しすぎ)。

ただ、今週はネコ娘が可愛かったので、それだけでもういいです。
ろくろ首姐さんに恋バナをされて、「にゃ!」ってポーズを取るところとか、
夜の大学構内で鬼太郎にスルーされても、可愛い顔ですねるところとか・・・。
鬼太郎も、ネコ娘に頼まれてわざわざ大学まで来るあたり、
やっぱり仲良しなのではないかと思ったり。

あと、ネコ娘の苗字って、猫田さんなんですね。
猫村さんだったらもっとよかったと思ったのは、私だけですかw

劇場版のレビュー3本目 

こんばんは。

久しぶりに大学時代の友人とお酒を飲んだりしてみました。
新宿だったのですが、新宿って人が多いですね。
お店にたどり着けないかと思いました。ガチで。

さて、今日は鬼太郎の劇場版のレビュー3本目をupしました。
相変わらず偏りすぎなレビューで、すみません。
どうも、相当ねこ娘が好きみたいです…。

でも、今回書いた『妖怪特急!まぼろしの汽車』は、
ねこ娘が大活躍の回なので、巻き戻しまくりで観ました。

ああ。なんか酔っ払ってるので、今日はもう寝ます…。

追伸:キタネコSSに拍手ありがとうございます。
SSに拍手いただくのって、本当にうれしいですねv


[ 2007/08/26 01:25 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(0)

埋れ木悪魔くんがもてない件について 

こんばんは。

最近、定期をPASMOにしたところ、
チャージの仕方がどうしてもわからなくて駅員さんに聞いてしまいました(・∀・)/
新しいものって、よくわからなくて苦手です。
でも、人に話しかけるのも苦手なので、今日はよくがんばったほうかな。

さて、今日はアニメ版悪魔くんが女の子にもてない件について…。

最初のころ、悪魔くんが幽子タンのことをうれしそうに召還してたので、
年齢的にもちょうどいいし、恋愛フラグか?と思ってたら
途中で幽子タンがメフィスト二世を好きだって言い出してびっくりシマシタ。
えっちゃんと三角関係ですか…。
子供向けアニメでそんな複雑な設定いらない気がするんですが。

個人的には、悪魔くんが律儀に女の子をかばうシーンがツボです。
第9話で僧魚の攻撃からナスカを守るシーンとか
第17話で「さがって幽子!」ってかばうシーンとか
第18話で幽子タンを抱きかかえて逃げるシーンとか。

第23話で、幽子タンが悪魔くんに話しかけるときに赤くなってたので
お、設定が変わったかと思ったのですが(深読みしすぎ…)
第24話の見えない学校の卒業式ではメフィスト二世と踊っていたので、
やっぱりメフィスト二世狙いなんでしょうか。

悪魔くんって優しいし、かっこいいと思うんですけど。
もしかして、悪魔と人間では寿命が違うから、恋に落ちてもつらいだけだよ
っていうオトナの配慮で恋愛的な描写がないんですか?
てか、そんなこと真剣に考えてるのは私だけですか…。

[ 2007/08/25 02:27 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

河童の三平 

こんばんは。

青山ブックセンターの前を通りかかったら
『ABC ブックフェス2007』
というのをやっていて、
なぜか『河童の三平(ちくま文庫)』が並んでいたので、とりあえず購入。
毎日、水木先生との出会いがある生活。

このフェアは、『水景』というテーマで、
作家やアーティスト等が選んだお薦め本を集めたらしいのですが、
河童の三平の選者は、しまおまほ
な、なつかしい名前を聞きました。

今日は、週末に書いたちょっと恥ずかしい感じの4期キタネコSS(短いの)をアップ。

拍手ありがとうございます。
自分以外にこのブログを読んでくれる人がいるだけでも
相当にうれしいのに、拍手までもらえるとは。
生きててよかったです。はは。

[ 2007/08/23 23:33 ] 河童の三平 | TB(0) | CM(0)

キタネコSS-3-1 雨が降る夜は。 

ゲゲゲの森に、雨が降る夜。
季節はもうすぐ夏だった。
夕飯の後も長居したねこ娘は、家に帰るのが億劫になる。
半分閉じたまぶたでうつらうつらするところに、目玉の親父が声をかけた。
「今日は、泊まっていったらどうじゃ。ねこ娘。」
鬼太郎が、読んでいた本から目を上げずに応ずる。
「父さん。布団はひとつしかありませんよ。」
「前は、よく一緒に寝とったじゃろう。」
「ねこ娘がいいなら、いいですけど・・・。」
ねこ娘は、大きなあくびをひとつする。
「・・・うん。あたし、もう眠いかな。」

久しぶりに二人でもぐりこむ布団は、以前よりもずっと狭く感じる。
妖怪横丁のこと、ねずみ男の新しい商売のこと、砂かけ婆の腰痛のこと、
最近ゲゲゲの森に新しく生えてきた珍しい樹のこと、
とりとめのない話のうちに、やがてどちらともなく寝息を立てはじめる。
家の外には月もなく、ただ雨だけがしとしとと降る。

しとしととした雨が降る夜は、寂しい気持ちを連れてくる。

あたしは神社の境内に捨てられた仔猫だ。
兄弟はみなどこかへ行ってしまった。
食べるものなど何もない。
雨の降りしきる寒い夜に、神社の軒下で、
なかなかやってこない誰かをただ待ち続ける。
身体が冷えてくると、それはもう終わりが近いということだ。
そのときに感じるのは、悲しい気持ちとも悔しい気持ちともちがう。
寂しい気持ちだけ。
あたしはこの世界から必要とされていない命だ。
誰もあたしを待っていない。誰の役にも立たない命だ。

「どうしたの? ねこ娘。」
伸びてきた冷たい手に頬をぬぐわれて、
ねこ娘は自分が泣いていたことに気付いた。
「ゆめ、みてた、みたい。」
「・・・怖い夢? 」
「ううん。さみしい夢だった、気がする・・・。」
「・・・そっか。」
寝返りをうつと、後ろから鬼太郎の腕が伸びてきて、きゅっと抱きすくめられる。
自分よりも体温が低いはずなのに、不思議と温かい。
遠慮がちな手が、髪の毛をかきわけて、ねこ娘の頭を優しく撫でさする。
鬼太郎の声は少し寝ぼけていて、夢の中にいるみたいだ。
「もう、大丈夫だよ。だから、おやすみ。」
「うん。ありがとぅ・・・。おやすみ。」


鬼太郎とねこ娘


もう、寂しいことはないんだよ。
あたしには、ちゃんと居場所があるの。
だから鳴かないでと、自分の中の白い仔猫に言い聞かせた。
それから、温かい腕の中で、もう夢も見ずに眠りについた。

(終わり)

挿絵:三本さま

二冊買うとかならずもらえる。2 

こんばんは。

最近、悪魔くんの話題ばかりでしたが、
実は、4期鬼太郎とねこ娘が好きすぎて頭おかしいかもしれません。
まさか、鬼太郎がねこ娘をかばうシーンとかを
巻き戻して3回見るような大人になるとは思ってなかった……。
でも、普通にやってます。
お気に入りのシーンだけ何回も観てます。
百鬼夜行の回でねこ娘をかばいまくる鬼太郎とか。
にやけます……。

さて、以前、二冊買うとかならずもらえる鬼太郎のブックカバー萌えてましたが、
対象の本の中に、畏悦録妖怪大戦争 水木版があったので
水木しげらーアピールで揃えてみました。
最近は、応募もネットでできて簡単でした。

とりあえず、妖怪大戦争を読み始めてみましたが、
猫目の魔女花子かわいいなァ。
魔女なのに、名前が花子だし。

[ 2007/08/23 01:01 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(0)

そういえば最新版悪魔くんは 

こんばんは。

今朝はちゃんと9時半に出勤いたしました。
そして、一日ぼーっと座っておりましたとも。
それなのに、次々仕事はやってくる…。ハテ。
一体世の中はどうなっているのでせうか。

さて、オークションをチェックしてたら、
最新版悪魔くん全3巻が結構な高値で取り引きされてました。
うーん。欲しいけど、2巻まで持ってるしなぁ。
私の記憶では、全3巻だと思うのですが、2巻まで読んだところでは
あと1巻分でどうやって終わるのか非常に謎です。

それから、最新版では「ミコちゃん」という女の子キャラが活躍すると聞いているのですが
これも2巻までの段階では影も形もありません。
これから出てきて、活躍するのかナ。
気になって仕方ないです。
復刊しないもんですかね……。

※ 猫娘のフィギュアの写真を拡大できるようにしました。
このフィギュア、実際は3センチほどのミニサイズ。
毎日見てるとかなり愛着が湧きます。


[ 2007/08/22 01:35 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

貸本版もかっこいいかも。 

こんばんは。

まだ月曜日なのに、なぜに朝4時まで仕事してるのか。
なぞです。
明日は普通に9時半出勤なのに、なぜブログを更新するのか。
これもなぞです。
人生は効率とも合理性ともかけ離れていることを実感する明け方。
あと1週間で夏休みですが、それまで生きてるかしら…。

週末にこれまであまり真剣に読んでなかった貸本版悪魔くんと
悪魔くん世紀末大戦を一通り読んだのですが、
貸本版悪魔くんのクールさにやられました。
外見はキューピーだけど、かっこいい。
そして、ストーリー展開は相変わらずアナーキー。

私も水木先生を見習って、深夜書いたヘンな文章をそのままアップしてみます。

よい火曜日を!

[ 2007/08/21 04:02 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

ゲゲゲの鬼太郎 第20話 闇からの声!幽霊スポット 

こんばんは。

いろいろ言いつつも、日曜日は午前9時に起きて、旦那に馬鹿にされております。
普段はものすごい寝起きが悪いのに、どんだけ……。

今日の鬼太郎は、第20話「闇からの声!幽霊スポット」。
心霊現象を専門にするライターが嘘の心霊スポット記事を書いたことが原因で
妖怪に人が襲われるようになってしまったというお話なのですが、
嘘の心霊スポット記事を書くのがそれほど悪いことなのか腑に落ちず。
本当に心霊物が好きな人ってファンタジーだとわかって楽しんでいると思っていたので。
むしろ、廃墟に不法侵入する人たちが問題ではと思ったりもして
朝から5期鬼太郎と微妙に意見が合わない私でした……。

ストーリーに絡まないところで縄跳びに興じる目玉の親父が悶えるほど可愛い。
あと、鬼太郎とネコ娘が一反木綿に二人乗り。
全く不純ですが、そういうシーンを見るために早起きしてるわけです……。


猫娘のフィギュア 

こんばんは。

なんだか突然猫娘のフィギュアが欲しくなったので、秋葉原に探しに行ってきました。
ナビゲーターは、旦那の友達の秋葉原はかせ。
雑居ビルの上の方にあるディープなフィギュア屋を1~2時間めぐった結果、
無事にゲットできました。
原作バージョンですが、不気味さがステキ。

これは、水木しげるの大百怪第四巻の猫娘。
通常バージョンとシークレットバージョンです。

【通常バージョン】
※クリックで大きくなります。
【シークレットバージョン】
※クリックで大きくなります。
【パッケージ】
4.jpg

4人で行ったので、運試しに1人1箱買って開けてみたところ、
なんと4つ中2つが猫娘で、うち1つはシークレットバージョン。
ちなみに、シークレットバージョンは秋葉原はかせが当ててくれました。
年季が違うことを実感。
しかし、今年の運を全部使ってしまった気がします……。
ちなみに、私のは海女房で、もう1つはお歯黒べったり。
海女房のうろこはガチで気持ち悪いです。ステキ。

【海女房】
※クリックで大きくなります。

鬼太郎は、原作ものなら結構フィギュアがあるみたいですね。
悪魔くんも貸本版と山田くん版のフィギュアはありました。
メフィスト@山田版の大きいフィギュアが一番高かったかな。
2万5000円くらいで売ってました。


[ 2007/08/19 19:47 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(0)

二冊買うとかならずもらえる。 

こんばんは。

今週は長い一週間でした。
やっと終わった。もう来週とかはじまらなくていいのになァ。

さて、角川文庫を二冊買うと必ずもらえるブックカバー
ゲゲゲの鬼太郎があるのを今日発見シマシタ。
明日にでも本屋に行こうと思います。
なかなか渋くていいですね。一旦木綿とか。
しかし、ブックカバーのキャンペーン対象文庫のラインナップが微妙すぎる。
めぼしいものは既読だし、相田みつをとか読まないし。

お勧めは、
◎ アラビアの夜の種族
◎ 村田エフェンディ滞土録
◎ 堕落論
あたりですが、二冊買うほどではない。
京極夏彦でも読んでみようかな……。

今日は人が少なそうなので、ヘンな悪魔くんSSをアップしてみました。
相当電波ですが、夏だし、そういうこともあるかと思いまして。
[ 2007/08/17 23:46 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(0)

悪魔くんSS-1 時間の精霊との対話 1 

【追記】
サイト化いたしました。
まっくら森(まとめ) → 
小説もこちらの方が若干読みやすくなっているかと思います。

---------------------------------------------------------------------

ここはどこでもない場所。
完全な闇の中を透き通った無数の糸のような光がさらさらと流れていく。
川のほとりには、一人の年老いた悪魔がぼんやりと座り込んでいた。
光に照らされてかすかに浮かび上がる悪魔は、年経りすぎてもはや性別も判然としない。
その顔からは、既に鼻や頬などの造作が溶けて剥がれ落ちており
垂れ下がりきったまぶたの下の目は盲いているようだ。
平坦な顔はそれでも薄く光る川のほうに向けられ
ただ魅入られているようにゆらゆらとゆれ続けていた。

そこへどこからともなく一筋の黒い影が現れる。
黒いタキシードにシルクハットをかぶり、背には同じく黒いマント。
白い手袋とわずかに露出した顔だけが暗闇に白く浮かびあがる。
彼の名は、メフィスト二世。
地獄界と悪魔界を分けた大戦を治めた大悪魔メフィスト老の息子として
その名を悪魔界に轟かせる強力な悪魔の一人だ。

メフィスト二世は、川のほとりに座り込む老悪魔の傍におもむろに座り込む。
そして、聞いているのかいないのかも定かではないその老悪魔に対し
ぽつりぽつりと語り始めた。

*******

おう、久しぶりだな。
とは言っても、お前には久しぶりもなにもないか。
時間の精霊だもんな。
何万年もの月日をただ時間の流れを眺めてすごす気分ってのはどうだよ?
俺ならぞっとしないけどな。
永遠の命なんて別に欲しくないし、頼まれても代わってやるのはごめんだな。

そうそう、今日はちょっと面白いことがあったから
お前にも話してやろうと思って来たんだよ。
どうせ退屈してるだろうと思ってな。

お前、悪魔くんの話は知ってるか?
知ってるわけないか。
ずっとここで時間の川を見張ってんだもんな。
最近、悪魔界はこの話で持ちきりだぜ。
悪魔くんっていうのはよ、1万年に1人地上に現れて、
魔界から悪魔を呼び出し、その力を使って大いなる幸せをもたらす者なんだってよ。
その悪魔くんが、最近人間界に現れたんだけどよ、
笑っちゃうことに俺はその第一使徒なんだと。
使徒っていうのは、上品な召使いみたいなもんだ。

この悪魔くんっていうのがよ、悪魔使いが荒いったらないんだ。
俺のこと便利な乗り物くらいにしか思ってねえな。
好物のラーメン食ってても平気で呼び出すしよ。
しかも、えらそうに命令すんだぜ。
人間のくせに片腹痛いったらないぜ。
でもよ、悪魔くんっていうのは、ふしぎなヤツなんだよ。
人間の、しかもまだ子供なんだけどよ。
たいした魔力もねーし。ま、他よりちょっと頭はいいけどな。
なんつうか、普段は虫も殺さない平和主義者みたいな顔しやがって
いざというときはえらく冷酷になったりしてよ、
悪魔もまっさおってやつさ。
まあその理由もわからないでもないけどよ。

悪魔くんの夢は、地上に理想郷を作ることなんだよ。
ありとあらゆる生き物がしあわせに暮らせる世界だってさ。
悪魔も人間も仲良く暮らせる理想の世界だぜ。
最初は、ばかじゃねえのって思ったよ。俺だって。
でもよ。悪魔くんはちょっと違うんだよ。
俺とも俺がこれまで見てきた悪魔や人間ともよ。

お前ほどじゃないけどさ、俺だってもう何千年も生きてきた。
悪魔だからな。特に何も考えなくても気楽にやってきたわけよ。
魔界でも人間界でも戦争はしょっちゅう起こるじゃねえか。
そこで悪魔が何千匹死のうと人間が何万人死のうと、俺には関係ねえよって思ってたよ。
でもよ、悪魔くんに会って、なんていうのかな、こう、
ちょっと気の持ちようが変わっちまったんだな。
何千年も生きてきて同じだったものが、急に変わるなんてよ。
俺が一番びっくりしてるぜ。

悪魔くんSS-1 時間の精霊との対話 2 

悪魔くんは、元々優しいヤツなんだと思うよ。
自分を犠牲にしても、友達や家族を守るようなさ。
自分がぼろぼろになってても、俺の心配したりするんだぜ?
あれはちょっと参るよな。こっちは悪魔なんだからよ。
でもよ、悪魔くんの夢は並大抵のことじゃ実現できないんだ。
そんなことは俺でもわかるさ。
そのために、手段を選べないこともあるだろう。
あいつが冷酷な顔を見せるのはそんなときだと思ってる。

悪魔くんのことは、俺が助けてやらなきゃなって思うんだよ。
正直、悪魔くんに頼られてるっていうのは悪い気しないしな。
あいつ、困るとすぐ俺のこと呼びやがるしよ。
気安いったらないけど、俺が悪魔くんの第一使徒なんだし、仕方ねえかって思うよ。
俺は悪魔くんほど頭よくないからよ、悪魔くんの考えが全部わかるわけじゃない。
でも、俺は悪魔くんは間違ってないと思う。
悪魔くんの夢が俺の夢なのかもしれないって思うときもあるしな。
俺と悪魔くんでは背負っているものも違うんだろうけどよ、
俺の力で悪魔くんが望む世界が作られてく気分は悪くないぜ。
らしくないって?
へへ。言ってろよ。
世界が終わりに向かうとしても、俺は悪魔くんについて行くつもりでいるさ。

ただ、最近思うんだよ。
もし、本当に悪魔くんが理想郷を作り上げたら、俺はどうなるのかってさ。
悪魔くんが本当に邪悪なやつらを封印するまでは、俺の力が必要だ。
でも、世界が本当に平和になったら、俺の力は邪魔になるんじゃないのか。
大きな力が必要になるのは、混沌と変革のときと決まってら。
平和が来れば、そんな力は平穏を脅かす脅威でしかない。
そんなのは俺だってわかるさ。
俺らしくねえか。そうだよな。
俺だってこんなこと考えたくねえよ。
悪魔くんに会う前だったら、頭をよぎりもしなかっただろうな。

もしかしたら、悪魔くんがなんとかしてくれんじゃないかって思うときもあるしさ。
でもよ、俺は悪魔くんの重荷にはなりたくねえしな。

結局、失うものと得るものは、同じ重さなのかもな。
俺は自分が存在する意味を見つけた代わりに、それを失う可能性も背負っちまったってわけさ。
でもよ、俺は悪魔くんに会ったことを後悔してないぜ。
知る前に戻ることはできないけどよ、戻りたいとも思わねえよ。

最近、世界が変わっていくってことの意味がようやくわかった気がするんだ。
そして、俺もその世界の一部だってことがな。
変わっていくっていうのは結構いいもんだぜ。
明日は今日と違う日ってわけさ。

俺は悪魔くんと違って、難しいこと考えるの苦手だからな。
今日はここまでだ。
次に来るときは、千年王国ができあがった報告にくるぜ。
それまで、またぼんやり待ってろよ。
またな。

****************

そうして、若い悪魔が一人どこかへ飛び去ると、
残ったのは、またぼんやりとたたずむ老悪魔のみ。
その傍らを透き通った無数の糸のような光がさらさらと流れていく。

終わり

夏風邪 

こんばんは。

いつもに輪をかけてテンションが低すぎると思って
病院に行ったら夏風邪といわれました。
体温は、36度9分。
あまりに迫力のない数値ですが、普段35度くらいなので、2度も上昇してます。
地味につらいです。

仕方がないので、21時くらいに仕事を切り上げて帰ってきて、
悪魔くんのアニメレビュー第2話を書いたり、
変なSSの続きを書いたり、仕事の続きをしてみたりと、
そんなことしてる暇があったら早く寝ろ!的な時間の使い方をしてみました。

さて、明日一日終われば週末ですが。
なんとか乗りきれるかな……。

追伸:最近、こんな電波なブログに拍手してくれる方がいるようですが、とてもうれしいです。
どうもありがとうございます。
[ 2007/08/17 01:13 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

ようやくレビュー再開・・・ 

こんばんは。

相変わらず暑いですね……。
私は主にやらなくてもいいことばかりして過ごしてます。
ダメ人間って私のためにあるような言葉なんですが、
それでも暮らしていけるんだから、ありがたいなぁ。

さて、アニメ版悪魔くんの第1話のレビューを書いてみたり。
書いていると余計なことをいろいろ考えてしまい、
結局なんだかわからないことになりました。

しかし、ここはささやかな電波で虚空の海に語りかける放送局なので
そんなことも全く問題ないのでした。

では。

[ 2007/08/15 23:43 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

幽子さん?! 

こんばんは。

世間はお盆休みなのに、なぜ過労死しそうに忙しいんだろう。ハテ。
世知辛い世の中だなぁ。みんな休めばいいのに。

そんなわけで、今日は最新版悪魔くんの1~2巻が届いたので、
とりあえず1巻だけ読んだ感想を一言。

ファウスト先生がヘボくて素敵。
メフィスト二世ばかりが大活躍し、悪魔くんって命令するだけ?
そして、悪魔くんが幽子タンを"さん付け"で呼んでます。
心なしかお姉さんキャラな幽子タン…。

と書いてみると酷評のようですが、いや、それでも面白いからすごいなぁ、ということで。

今日はもう寝ます。
[ 2007/08/15 00:48 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

なんという風変わりな死に方だろう! 

こんばんは。
電車が空いてると思ったら、お盆なんですね。
お化け・妖怪シーズンですが、私は霊感ゼロなので、どちらにも会ったことがありません。
気配も感じたことはありません。
でも、お化け屋敷は怖くて入れません。
難しいですねぇ。

ここ2~3日、悪魔くん千年王国を読み返しているのですが
ファウスト博士が悪魔を呼び出した後、力尽きるシーンがものすごく好きみたいです。
そこまではゆるーく進んでいたお話のテンションが一気にあがる感じがいいんでしょうか。
「なんという風変わりな死に方だろう。」
「それだけにあなたの心はぼくをひきつけます。」
という松下悪魔くんの台詞にやたらと共感してしまうのでした。
[ 2007/08/14 00:45 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

ゲゲゲの鬼太郎 第19話 河童池の相撲大会 

こんばんは。

今日は炎天下の中、半分気を失いながら会社に行ったら、
なぜかクーラーが入ってなくて、死ぬかと思いました。
お仕置きですか……。

ところで、今朝の鬼太郎すごかったですね。
河童の回でしたが、あまりにもなんでもアリのカオスぶりに
どうしたらよいかわからず呆然。
とりあえず、小学生のおにゃのコ可愛かったです。
でも、うろうろしてただけで、あんまり筋書きに絡んでなかったですね。

劇場版DVD-BOX ゲゲゲBOX THE MOVIES のレビューを更新しました。
鬼太郎の幽霊電車です。

最新版悪魔くん 1~2巻 

こんばんは。

今日は、昼からシャンパンを飲み、3時のお茶の代わりにビールを飲み、夕飯時にはワインを飲んでしまいました。ダメな大人だなぁ。まぁ、暑かったししょうがないか……。明日は仕事だし。

さて、今日はぽちっと最新版悪魔くんの1巻2巻の古本を買ってみました。
悪魔くん世紀末大戦も一緒に。
ただ、まだ3巻が手に入る目処がたってません。なんとかならないかなぁ……。
鬼太郎よりも悪魔くんの方が手に入らない分探すのに燃えてしまいます。
ちなみに、悪魔くん世紀末大戦は、千年王国ではなく、貸本版の続きだそうです。
って、予備知識なしに読むといったいなんのことやら。
水木道は険しいなぁ。

さて、レビュー書くために悪魔くんのアニメの続きを見たいのですが、
夕飯時から旦那にらき☆すたを4話続けて見させられております(現在進行中)。
嗚呼オタク夫婦……。
もうオープニングも歌えますよ。もってけ!セーラーふく!

悪魔くん世紀末大戦 (Legend archives―Comics) / 水木 しげる
悪魔くん 1 最新版 (1) / 水木 しげる
悪魔くん 2 最新版 (2) / 水木 しげる
[ 2007/08/11 21:39 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

アニメレビューはじめました。 

こんばんは。

今、吉田篤弘の*フィンガーボウルの話のつづき*を読んでいるのですが、これはなかなかよいお話です。"ささやかな電波"を使って、誰が聴いているかもわからない放送をしてみたくなるような。じつは、このブログ自体がそのようなものですが。

今日は、帰りに青山ブックセンターに寄って、梨木香歩の*家守綺譚*を買って帰るつもりですが、フィリップ・ブルマンの*ライラの冒険1・黄金の羅針盤*も手元にあるので、読む本がいっぱい。読む時間はほんの少しなのに。ライラの冒険は、ファンタジーとしてはシビアだけど、芯が強くて読むかいのある物語なので、ハリーポッターよりはお勧めです。

さて、前置きが長くなりましたが、某所で観てる悪魔くんのアニメがあまりにもよくできてるので、全話レビューに挑戦してみることにしました。全42話中まだ10話しか書いてないので、完結できるかわかりませんが、このコウフンを生かすべくがんばります。
悪魔くんはなんでDVD化されないのかなぁ。
本当に質のいいアニメだと思うのに!

フィンガーボウルの話のつづき (新潮文庫 よ 29-1) / 吉田 篤弘
家守綺譚 / 梨木 香歩
黄金の羅針盤〈上〉?ライラの冒険 / フィリップ プルマン
[ 2007/08/10 23:31 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

悪魔くん(アニメ版レビュー) はじめに 

このカテゴリは、アニメ悪魔くんの視聴レビューです。
このカテゴリの記事には、ストーリーの内容等に関する記述が多く含まれますので
この点にご留意の上、自己判断にて閲覧下さい。

なお、かなり趣味に偏った記載になっております。
この点も併せてご了承下さい。
よろしくお願いします。
[ 2007/08/10 10:11 ] アニメレビュー | TB(0) | CM(0)

アニメ悪魔くん オープニング・テーマ/エンディング:12FRIENDS 

→ オープニング

これはとてもいいオープニングですよね。
歌もいいんだけど、アニメーションもきれいでよく動く。
オープニングだけでかなりわくわくした気分になるので、何話も続けて観るときでも飛ばさないことがほとんどです。

冒頭、召喚ポーズの悪魔くんの後に、一瞬だけ見えない学校と12使徒が現れます。12使徒が向こう側からずんずん歩いてくる感じが個人的にはすごく好き。
その後、世界の波乱を思わせる不穏なシーンが続く中を、悪魔くんがメフィスト二世、百目と一緒に走りぬけていきます。
見えない学校とその天辺にファウスト博士。上から迫った後、下からもあおる感じが迫力あります。その後、テンポ良く12使徒が次々に登場。 鳥乙女がこうもり猫を吹き飛ばして現れます。12使徒の最後はメフィスト二世で締めが悪魔くん。
登場した悪魔くんがソロモンの笛を吹くのですが、ここの歌詞と映像がリンクしてます。その後、街に嵐が来て、電気が消えていって 、海のほうから東獄大帝がやってくるくだりは圧巻。
昔はこんなのをテレビでやってたんですね。最近のアニメではこういう雰囲気のものはあまりない気がします。


→ エンディング

音楽はなぜかラップ調。
画面右下側からメフィスト老が運転する魔導カーに乗る悪魔くんが現れ、画面中央付近にタロットカードが配置。タロットカードに映し出される12使徒を順番に紹介していく趣向です。
以下は登場の順番とコメント。

メフィスト二世に続け!
元気でお茶目な百目
妖虎、火を吐く/ユルグ、操る
サシペレレはカッコつけてコロぶ

<ポッポッポッポッポッピヤー!>

不思議な美女、鳥乙女
象人・家獣バウーは、でっかいぞう
幽子とピクシーは、キャワイイ
ナマムギナマゴメ、ヨナルデ・パズドーリ

こうもり猫、なさけナイ

間に入るポッポッポッポッポッピヤーっていう掛け声が謎ですが、「夢が結んだ12使徒」という歌詞はこの作品のテーマと合ってていいです。アニメ版悪魔くんの12使徒は、みんなで同じ目標に向かってがんばる仲間って感じが強いので。この歌は、「12 FRIENDS」という名前らしいです。
[ 2007/08/10 10:10 ] アニメレビュー | TB(0) | CM(0)

アニメ悪魔くん 第1話 魔界の見えない学校!! 

第1話なので、キャラクター紹介から。
悪魔くん(学校でのアダ名だそうで。)こと、埋れ木真吾くんが主人公。

そのクラスメイトとして、貧太くん、情報屋、キリヒトくん。
貧太くんと情報屋は、もともと山田真吾版に登場したキャラクターですね。
性格なんかも割とそのままです。
一方、キリヒトくんは、端役なのに悪魔くん主要3シリーズ全てに登場する貴重な人材。
千年王国では、12使徒の一人にまでなっています。
名前や言動からするに"キリスト"、すなわち「神の使徒」のメタファーで、
"悪魔を使徒として世界に幸せをもたらす"悪魔くんと相反する存在にも思えますが、
今のところそれほど大きな役割も背負ってなさそうです。
意外となまぐさい性格だし、ちょっと変わったトモダチキャラどまりなのかしら。

それから、悪魔くんの家族は3人。
売れない漫画家のお父さん、専業主婦のお母さん、妹のえっちゃんの3人。
非常におおらかな家族でイイデスネ。特にお父さんがすきです。
えっちゃんは、後にメフィスト二世となにやらいいムードになるのですが
外見は典型的な水木顔で全然可愛くない!
それがまたイイですね~。

さて、ストーリーに戻りますと、悪魔くんは自宅の裏山にある洞窟に
独学で魔方陣を描いて、日夜悪魔の召喚の研究をしています。
しかし、何回やっても失敗ばかり。
そんなある日、悪魔くんの前に、突然、"百目(ひゃくめ)"という悪魔が現れ、
悪魔くんを"魔界の見えない学校"に導きます。

この悪魔の研究に出てくるタロットカードの占い方や持っている魔術書が本格的でイイですね。
こういうディテールに凝っているアニメは大好きです。
それから、百目はアニメ版悪魔くんきっての萌えキャラです。
「~なんだモン!」という不思議な語尾と、ドジッ子キャラでストーリーをかき混ぜてくれます。
ちなみに、もともとは日本の妖怪みたいですね。
悪魔くんでよくわからないのは、妖怪でも12使徒に入ってると悪魔って呼ばれるのに
敵だと妖怪と呼ばれるところ(例としては、第13話の油すまし等)。
まぁ、どっちでもいいんですけど。

見えない学校にたどり着いた悪魔くんは、ファウスト博士と出会います。
そして、悪魔くんは"ソロモンの笛"を吹くことができたことから、
"1万年に1人地上に現れて、魔界から悪魔を呼び出し、その力を使って大いなる幸せをもたらす者"
すなわち「悪魔くん」であると認められます。
"ソロモンの笛"は、はじめは悪魔に言うことを聞かせるための笛として登場しますが、
ストーリーが進むにつれてより重大な役割を担うようになるみたい。

ファウスト博士というのは、ドイツの伝承に出てくる黒魔術師であり、
ゲーテ著「ファウスト」では、悪魔メフィストフェレスを召喚したとされる人物ですが、
アニメ版のファウスト博士はその子供すなわち二世であるという設定だそうです。
ビジュアルは、千年王国とほぼ同じですね。
個人的には、千年王国のファウスト博士が一番すきで、次がアニメ版かな。
千年王国だと孤高のカリスマ、アニメ版だとみんなの先生。
でも、アニメ版の原作である最新版悪魔くんでは見る影もないほどむちゃくちゃな人になってます。

この時点で、既に見えない学校にいる使徒は5人。
ヨナルデ・パズドーリ、幽子、百目、家獣バウー、鳥乙女ナスカ、こうもり猫です。
さらに、ファウスト博士の指導で、悪魔メフィストフェレスを召喚します。
「エロイムエッサイム エロイムエッサイム 我は求め訴えたり!」
ここで初めて召喚に成功する悪魔くん。
あの召喚ポーズがかっこよくて大好きです。
呪文を唱えた後に指で六芒星をかたどると、魔方陣からぶわーっと煙が噴き出して、
毎回ちょっと驚いた顔の悪魔くんのおなかがまくれて見えるところが可愛い!

現れたメフィスト老は、腰痛で引退するとのことで、息子の二世が登場。
きましたよ。アニメ版悪魔くんの影の主役、メフィスト二世です。
「お前が魔界をのっとろうとしているやつか?」
はじめはこうもり猫に騙されているので、悪魔くんの敵っぽい登場なんですよね。
悪魔くんが、魔界をのっとろうとしている悪い奴(?)だと勘違いしたメフィスト二世の
強力な魔力に追い詰められる悪魔くん!
どうなる?っていうところで次回に続くです。

さて、メフィスト老は、山田真吾版に登場するメフィストそのままのキャラクターですね。
性格も近いけど、山田真吾版の方がより怠け者で悪魔っぽい!
アニメ版では、意外と良識的な大人です。
ところで、メフィスト老の顔って、千年王国でのヤモリビトの顔と同じですよね。
ヤモリビト(=佐藤)がメフィストになったという変遷になにかモヤモヤしたものを感じます。
でも、ヤモリビトはユダだけど、メフィストはそうじゃないしなぁ。

なんだかすっきりしないままですが、次にいきます。
[ 2007/08/10 10:09 ] アニメレビュー | TB(0) | CM(0)

アニメ悪魔くん 第2話 正義の呪文、エロイムエッサイム 

第5使徒ピクシー登場の回。
敵の悪魔は、ケルベロスです。

前回の続きで、メフィスト二世に魔力で追いかけ回される悪魔くん。
人間である悪魔くんは、対抗手段がないので最初はやられるがまま。
一応、百目が助けてくれようとしますが、百目弱いからね…。
でも、悪魔くんが全然メフィスト二世を怖がってないのが面白い。
結局悪魔くんがメフィスト二世を説得して攻撃をやめさせるのですが、
小学生なのに理詰めで悪魔を説得して言うことをきかせる悪魔くん……。

そして、悪魔くんに言い負かされそうになって漏らしたメフィスト二世の名せりふ。
「俺は人に騙されやすいのが玉に傷なんだ!」
まさにそういうキャラです!

アニメ版悪魔くんを見てて思うのは、キャラクターの性格設定のうまさ。
悪魔くんは、1万年に1人の天才という設定なんですが、ちゃんと天才っぽい。
小学生とは思えない沈着冷静さ、思考も行動も合理的だし、
12使徒と戦っているときも、自分がリーダーという自覚が大あり。
しかも、普段は穏やかな平和主義者なのに、必要に応じて大胆な決断も下すし。
よくいる子供向けアニメの主人公とは一線を画する複雑なキャラクターです。
でも、原作では埋れ木悪魔くんと同じ性格の人はいないので、
(アニメの原作といわれている最新版悪魔くんはもっと単純なかんじ……。)
これってアニメ版のオリジナルの設定だと思うんですよね。
地上波で放映される子供向けアニメという超商業的なポジションで
これだけのものを作り上げるスタッフの情熱に脱帽です。

さて、ストーリーに戻って、うそをついたことがバレて
メフィスト二世に魔力でやっつけられるこうもり猫とそれを諌める悪魔くん。
もうこの時点で、悪魔くんの方がメフィスト二世よりも立場が上になってます。
平和主義で表向きは穏やかなんですが、かなりリーダー気質ですよね。
ここでピクシーも仲間になります。
ピクシーは2人一組の赤青の子鬼です。後の第5使徒。
薬の精製などを得意としていて、12使徒では回復系のポジション。
回復系という地味な役回りながら、結構今後も活躍します。

一通り初期メンバーが揃ったところで見えない学校の授業。
最初は、算数とか体育とかやっていてかわいいですが
悪魔くんだけは、魔界のタロットカードの使い方や魔方陣の書き方、
悪魔との契約の仕方など秘術っぽいことを教わっています。

最後に卒業試験。
地獄の門番であるケルベロスを倒すというのが課題で、初の戦闘シーンです。
まだ慣れないせいか、悪魔くんが自分で突撃したりしてます。
そういう役割じゃないでしょう、君は!とか突っ込みいれながら見たりして。
結局最後は、メフィスト二世が悪魔くんを助けて成敗。
あっという間ですが、見えない学校を卒業することになります。
卒業に際して、悪魔くんは12使徒と契約をします。
悪魔と契約……子供向けアニメなのにディテールが細かくてすばらしい。
千年王国や山田版では千万単位のお金を要求されていましたが、
今回はさすがに生臭すぎるのか、そういう話はなし。
手形とサインだけで契約成立みたいでした。

ちなみに、メフィスト二世はここでは契約を拒否しますが、
代わりに悪魔くんにメフィスト家に代々伝わるというマントをくれます。
このマントは悪魔くんが召喚の前に装着する唐草模様のあれです。
二人の絆を感じますが、タキシード着ているメフィスト二世の家宝のマントが
なぜ唐草模様なのかというところは釈然としないところですネ……。

「また会おうな~。悪魔くん。」
去っていくメフィスト二世。
はじめはあんまり仲良くしてくれないのですが、
すぐに悪魔くんにべったりになるので心配無用です。

そんなところで、次回に続きます。
[ 2007/08/10 10:08 ] アニメレビュー | TB(0) | CM(0)

アニメ悪魔くん 第3話 魔方陣に、出よ12使徒 

第9使徒象人登場の回。
敵の悪魔は、歯痛(はいた)殿下です。
12使徒は、メフィスト二世、幽子、百目、象人。

前回、見えない学校を卒業して人間界に戻ってきた悪魔くん。
本格的に残りの12使徒探しが始まります。

今回新しく登場する12使徒は、第9使徒である象人
この後、活躍場面があまりに少ないことで有名かもw

見所は、
 『魔力!角砂糖コロリン』
 メフィスト二世の悪魔くんに対するツンデレっぷり
 メフィスト二世をソロモンの笛でおどかして契約させる悪魔くん
 深夜に召喚されて、戦闘中に居眠りしちゃう幽子タン
でしょうか。
特に、悪魔くんとメフィスト二世の微妙な関係がたまりません

さて、お話を見ていきましょう。

今回は、キリヒトくんのお父さんが登場。
インドの遺跡で象人が封印された壷を発掘したために、とり憑かれちゃいます。
帰国後は、異常な食欲を発揮した上、ごろごろ寝てばかりに。
困ったキリヒトくんは、悪魔くんに相談を持ちかけます。

一方、見えない学校を卒業して、家に戻った悪魔くん。
タロットカードで、12使徒のヒントを探りますが……。
「待ち人来たりぬ/西より/小さな家に住む/巨人」と意味不明。
ちなみに、見えない学校に在学中は行方不明だったという扱いみたいですが、
家族はあんまり気にしていないですね。
なにごともなく、百目(ひゃくめ)も同居することになった模様。
悪魔くんのうちは、あまりに放任すぎw

キリヒトくんから渡された壷の写真を見て、
古代魔法文字が書かれていると気付く悪魔くん。
さっそく徹夜して、一人こつこつ解読作業に没頭します。
相変わらず、賢すぎる

ちょうどそのころ、悪魔"歯痛(はいた)殿下"が悪魔くんの住む街を襲います。
歯痛殿下は、手下の歯痛菌を使って人間や悪魔を歯痛にできるみたい。
徹夜で調査に余念がない悪魔くんは難を逃れますが、
同居している百目を始め、家族はみんな虫歯になってしまいます。
思わぬ余波が出たのが、キリヒトパパ。
相変わらずごろごろしているのですが、歯痛にやられて、
寝返りを打つたびに街に大地震が起こるようになってしまいます。

象人の歯痛を治して街を救うために、
悪魔くんは、さっそくメフィスト二世を召喚

umoregi1_20071117151143.jpg

エロイムエッサイム エロイムエッサイム 我は求め訴えたり!
いでよ、第一使徒 メフィスト二世!!

【挿絵:三本さま】

しかし、勝手に呼び出しておいて、
悪魔くん 「もう、ラーメンなんて食べてる場合じゃないよ!
メフィスト二世に高飛車な態度の悪魔くんw
そして、呼び出すなり、インドまで行って封印の壷を取ってこいって……。
面倒くさいと渋るメフィスト二世に、
悪魔くん 「君とは友達になったはずだ。どうしても契約を結んでもらうからね!
と、ソロモンの笛を吹いて契約を迫る悪魔くん。
そ、それは友達ではないのでは……!?
ソロモンの笛をちらつかせる悪魔くんの悪そうな顔がたまりません。
しかも、インドから壷を持ってきたメフィスト二世にお礼も言わないしw
メフィ 「まったく、悪魔使いが粗いぜ
ごもっともです。

歯痛に苦しむ象人を、「魔力!万能ドリル」で治療するメフィスト二世。
万能なのは、ドリルじゃなくてメフィスト二世ですよね……。
しかし、象人は歯痛殿下を追いかけていってしまい、
メフィ 「俺の役目は終わったぜ。後は一人でやりな
とメフィスト二世もどこかへ行っちゃいます。

それでも前向きに、一人で走り回って歯痛殿下を見つける悪魔くんですが、
逆に歯痛菌に取り囲まれて大ピンチに!
→ そこに颯爽とメフィスト二世登場。
空から見守っていたとしか思えないグッドタイミングw
メフィ 「しょうがねえなあ、本当に
といいながら、悪魔くんを助けると、
悪魔くん 「やっぱり来てくれたんだね!メフィスト二世!
メフィ そうじゃねえ、見ちゃいられなかっただけだ
メフィスト二世のツンデレぶりが、可愛すぎて悶えるw
しかもその後、
悪魔くん 「メフィスト二世、ここは頼んだよ
メフィ 「わかった。任せときなって
と、いきなり強い信頼関係を見せつける二人なのでした……。

メフィスト二世は、『魔力!角砂糖コロリン!』で、歯痛菌をおびき寄せます。
角砂糖コロリンって……。
単に、魔力で角砂糖を大量に作り出すっていうものなんですけど、
絶妙なネーミングセンスのせいで、忘れられなくなりましたw

一方、メフィスト二世と別れた悪魔くんは、第4使徒幽子を召還。
でも、神社の境内で。
いくら神道が八百万の神だって言っても、さすがに悪魔召還はまずいのではw
境内の石畳に、思いっきり魔方陣が描かれちゃってましたね。
それにしても、幽子タンを召還する悪魔くんは、いつも嬉しそうだなぁ。

呼び出された時間が深夜だったので、眠そうな幽子タン。
悪魔くんの作戦を聞かされて、
幽子 「あたしにできるかしら……?
悪魔くん 「できるさ!君の照魔鏡を使ってね!
人を使うのが上手すぎるわ、悪魔くん……。

作戦は、寝たふりをした幽子が歯痛殿下をおびき出す囮になるというもの。
しかし、肝心のときに、本当に寝ちゃう幽子タン
寝ちゃう幽子も、焦る悪魔くんも可愛いw
そこに、歯痛菌を引き連れたメフィスト二世と歯痛殿下を探す象人が現れて、
すんでのところで目が覚めた幽子が
"照魔鏡"で魔力をはね返して、歯痛殿下を撃退
照魔鏡(しょうまきょう)というのは、幽子の常備アイテムで、
相手の魔力をはね返す効果がある道具みたいです。

今回は、これにて一件落着。
象人が第9使徒として見えない学校に加わり、次回に続きます。

[ 2007/08/10 10:06 ] アニメレビュー | TB(0) | CM(2)
カテゴリー
メールフォーム
メールはこちらからお願いします↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。