まっくら森

水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」について日々思うことを綴るブログ。
月別アーカイブ  [ 2008年06月 ] 
≪前月 |  2008年06月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲゲゲの鬼太郎 第64話 もうりょうの夜 


今日は、冒頭から ネタバレ です。
ご注意下さい。

今日の鬼太郎、散々脅かされたほどには怖くなかったのですが、
(でも、メインターゲットの子どもたちには怖かったかも)
主要キャラの描写とその関係性にえらく萌えた回でした。
特に、鬼太郎。
可愛らしい外見なのに、中身はダークでブラックという
5期のイメージが、今回で確立されたような気がしました。
4期のような誰にでも優しい正義の味方ではなくて、
悪いことをしたらひどい目に遭うのは仕方がないという割り切り型ヒーロー。
でも、目玉おやじとねずみ男には弱い、みたいな感じ。
これまで、その辺りを狙いつつも定まらなかった方向性が
今回のエピソードで、きれいにはまったのではないでしょうか。

ねずみ男、ネコ娘との関係も好みでした。
特に、ねずみ男とのドライで腐れ縁的なやりとりは、まさにツボ。
悪役としての際どさを増してきたねずみ男とも
これくらいドライな方が、5期っぽいと思ったりしました。

エピソード自体も、面白かったですよね。
科学万能の教育を受け、伝承を軽んじる若者が妖怪を怒らせる
というところまでは典型ですが、その背景にひとひねり加えることで、
今度は鬼太郎の考えや気持ちがよく見えてくるという仕組み。
そして、怖い話をきちんと怖く作るということは大事だなと実感しました。
ここのところ、面白い回が続いていて本当にうれしいです。

以下、詳細は追記にいたします。

拍手ありがとうございます!
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

スポンサーサイト

悪魔くんブックガイド(2008年6月版) 第3夜 山田真吾 

うーん。全然連続じゃないですね……。
ちょっとした事件 ? がありまして、バタバタしていました。
その件は、また近々書かせていただきます♪

さて、今日は、悪魔くん~山田真吾が登場する書籍をまとめておきます。
拍手ありがとうございます!
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。


[ 2008/06/29 00:41 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(0)

悪魔くんブックガイド(2008年6月版) 第2夜 松下一郎 


昨夜の続きで、今日は、悪魔くん~松下一郎が登場する書籍をまとめておきます。
今、一番手に入りやすいものという観点で選んでいますが、
もし他に情報をご存知の方がいらしたら、教えてください!

以下、やっぱり長いので追記で。

拍手ありがとうございます~!
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

[ 2008/06/27 01:40 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(2)

悪魔くんブックガイド(2008年6月版) 第1夜 悪魔くんとは 

昨年から、書籍の復刊ラッシュが来ている "悪魔くん" 。
まだ絶版のものもあるのですが、ちょっとまとめてみたいと思います。

題して、"悪魔くんブックガイド(2008年6月版)"
4夜連続の予定ですが、断続になるかもしれません……。

初日は、念のため、悪魔くんの説明から入りますねー。
以降、第2夜:松下一郎、第3夜:山田真吾、第4夜:埋れ木真吾、の予定です。

以下、追記にいたします。
拍手ありがとうございます!とってもうれしいです
おへんじは、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

[ 2008/06/26 02:12 ] ブックレビューetc | TB(0) | CM(0)

ゲゲゲの鬼太郎 第63話 今週のネコ娘 

ほんの少ししか登場していなくとも、
月曜日は今週のネコ娘の日。

というわけで、以下 ネタバレ ご注意下さい。

拍手ありがとうございます~♪
今週もがんばりますです。

ゲゲゲの鬼太郎 第63話 日本妖怪全滅!?妖怪反物!! 


今週のゲゲゲの鬼太郎は、第63話 日本妖怪全滅!?妖怪反物!でしたね。
以下 ネタバレ ご注意下さい。

中国妖怪チー が満を持して登場でしたね。
第2シーズンではオープニングにも登場していて、
ぬらりひょんと関係しているのかと思っていたのですが、
今のところは、日本妖怪からも西洋妖怪からも独立しているみたいです。
とは言え、全面対決は次回以降に持ちこされたようなので、
今後は誰かと手を組む、なんてこともありそうです。

そして、先週くらいから影が薄めな鬼太郎に代わり
今回、大活躍したのは、 かわうそ&アマビエ
非戦闘要員であることをアピールしながらも、
最後のどんでんかえし!
さらに、緊迫したシーンにもかわうそらしいボケっぷり。
先週、アマビエとの絡みが少なかったのは、今回に備えていたんですね。

そして、もう一人、ピリリとした存在感を放っていたのが、ねずみ男。
今回は、なんと妖怪横丁の仲間たちを敵に売るという極悪ぶり。
鬼太郎ファミリーだけなら、大事に至らないと見くびるのもわかりますが、
横丁に非戦闘員たちを一網打尽とは、ちょっとやりすぎw
これも第2シーズンに入ってからの変化のような気が。
ただ、妖怪ビリビリの回といい、 小悪党だけど時々際どいこともする
というキャラ付けには、個人的には結構魅力を感じてます。
少なくとも、分かりやすい小悪党&実はいい人よりは、
深みがあって面白いかな~なんて。

以下、詳細は追記にしておきます。
拍手ありがとうございます♪
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

サイトの更新しました 


サイトに2週間分の記事をログいたしました。

DSCF0259-1.jpg
↑ キジムナー先生は、今の私の気分にぴったりすぎ!特に、目が!!

まっくら森(本家) → 

いただきものイラストばかりが充実してゆきます……。
今までに頂いたものも、それはもう素敵なのばかりなので、
ぜひぜひ見てって下さいませ!

それにしても、最近、時間の過ぎ行く早さに驚くばかりです。
さあ わが友よ、天地の行きすぎぬうちに進むとしよう
と言ったのは、貸本版悪魔くんでしたが(大好きなセリフです)、
一歩も進まぬままに、一週間が経ってしまった気分。

明日また鬼太郎なのか。そうなのか……。

拍手ありがとうございます
停滞ぎみなのに、拍手してくださるお気持ちに感謝です。
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」からご覧下さいませ。

[ 2008/06/21 23:19 ] このブログについて | TB(0) | CM(0)

妖怪フェスティバル とか KITARO×ATOM とか 


戻ってきましたー。
仕事は終わってませんが、とりあえず一息ついてます。

DSCF0294.jpg

よくわからない二人組ですけど。

忙しかった間、「 夏になったらどこか行きたいなぁ! 」と思い、
旅行先をいろいろ妄想してました。

候補としては、2つ。

1 旦那のお休みが取れたら、境港市(水木しげるロード)に行く
2 お休みが取れなかったら、一人で妖怪フェスティバルに行く

妖怪フェスティバル in ドーム 」は、
2008年8月20日から27日まで、ナゴヤドームで開催される妖怪イベント。
東京から名古屋なら新幹線に乗ればそう遠くないし、
ふらりと遊びに行くのもいいかなと思ってます。

ちなみに、候補日は断然20日(水)。
世界妖怪サミット 」が開催されるそうです。
他にも、妖怪縁日とか妖怪屋台とか。
公式ページは、こちら → 

でも、できれば、水木しげるロードに行ってみたいな!

それから、7月に、「 KITARO×ATOM 」なる
ゲゲゲの鬼太郎と鉄腕アトムのコラボレーションイベントがあるらしいのですが、
これが、ものすごく可愛いです

東京方面は、今のところ、
◎ 調布パルコ1階特設会場 2008年7月18日から8月10日まで
◎ 秋葉原 ヨドバシアキバ7階 有隣堂書店 2008年7月25日~8月20日
                            2008年9月8日から10月5日
の2箇所だそう。
私は、鬼太郎とアトムが来る日を狙いたいと思います。

詳しくは、こちら → 

拍手ありがとうございます
とってもうれしかったです!!

[ 2008/06/21 00:29 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(10)

現在の状況 


会社滞在時間が、16時間を超えております……。

DSCF0246.jpg

うちのにゃんこ先生ズ

拍手ありがとうございます。
いろいろお返事してなくてすみません。
仕事が片付き次第、もどってきます。

金曜日には終わってるといいなぁ……。とほほ。

[ 2008/06/19 02:36 ] 日記(つれづれ) | TB(0) | CM(2)

ゲゲゲの鬼太郎 第62話 今週のネコ娘 

出番が多かろうと少なかろうと
作画が良かろうと荒かろうと(←暴言)
月曜日は、 今週のネコ娘 の日。

という訳で、以下 ネタバレ ご注意下さい。

拍手 たくさん ありがとうございます♪
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」からご覧下さい。
メルフォ経由で頂いたメッセージは、後日メールでお返事いたします。

ゲゲゲの鬼太郎 第62話 くびれ鬼が死を招く 

突然ですけど、みなさんは アレ 買われましたか。
アレというのは、 BK600ことバケロー のことなんですけど。
すごくほしいと思いつつ、何かが邪魔をして未だ買えず。
amazonならワンクリックで買えちゃうので、PCの前で葛藤中です。
でも、時間の問題ですね、きっとw

さて、今日のゲゲゲの鬼太郎は、第62話 「くびれ鬼が死を招く」 でしたね。

以下、 ネタバレ ご注意下さい。

お見せしましょう、本当の絶望ってぇやつを……!

今回のゲスト妖怪は、くびれ鬼
戯れにでも「死にたい」と口にした人間を、絶望が支配する異空間に連れ去り、
未来永劫飼い殺すという、けっこう恐ろしい奴。
元々は、道連れを求めて、人を自殺に追い込む水辺の妖怪らしいですね。
第2シーズンらしく、不気味な恐ろしさを残した存在として描かれています。
妖怪側の勝手なルールで人間がひどい目に遭うという理不尽さも、
いかにも妖怪譚らしいですよね。

人間のゲストは、 AYA(アヤ) というトップアイドル。
この子の葛藤がくびれ鬼を呼び寄せてしまうのですが、
抱えている葛藤の内容が、とてもリアルなんです。
夢を追いかけてがんばる過程で、大人たちの事情や業界の厳しさに直面し、
やがて、自分自身の存在意義さえ見失いそうになってしまう……。
不覚にも、胸に迫るものを感じました。
そう感じてしまうのは自分だけじゃないというメッセージが
悩んでいる子どもたちに届いたらいいなぁと思ったり。

そして、久々の アマビエ 主役回でもありました。
これまでは、寂しがりやのワガママ娘という面が強調されていましたが、
今回は、ネコ娘と友情を育んでいたり、アヤちゃんのために尽力したり。
妖怪横丁で1年過ごすうちに少し成長した、ということかな。
珍しく かわうそ と絡まなかったことと
意外にも バケロー といいコンビだったことも要チェック。
てか、バケローは使い勝手がよさそうですね。
キャラも声もいいし。

以下、詳細は追記にしておきます。

拍手ありがとうございます。
ポチ一つ一つがとても力になります♪
おへんじは、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

ゲゲゲの鬼太郎 私説 妖怪危機一髪 


昨日の 猫娘 in オリ の小話に
りみさん がオチをつけて下さったので、写真を撮り直してみました。

2枚目以降は、追記にしておきます。

拍手ありがとうございます!毎日うれしいです。
お返事は、「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

私説 妖怪危機一髪

DSCF0289.jpg

朱の   「ぬらりひょんさま~。猫娘を捕まえましたよぉ~
ぬら   「でかした!お前もたまには役に立つな
猫娘   「なにすんのよー!早く出しなさいよ!!

[ 2008/06/15 00:48 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(11)

猫娘フィギュア 聖サンマガ学園 

えらいものを見つけてしまいました。

サンデー×マガジン50周年コラボ フィギュアセット
聖サンマガ学園 2限目 猫娘


画像とか → 
※ 注:公式サイトじゃないところにリンクしてます。

2008年9月発売予定。
UFOキャッチャーの景品らしいのですが、
原作調の猫娘が、なんとセーラー服です。

というのも、今回は、妖怪フィギュアの一角ではなく、
"サンデーとマガジンの人気ヒロインが大集合"というコンセプト。

タッチの朝倉南ちゃんとか、うる星やつらのらむちゃんとか、
お姉さん系正統派ヒロインに混じって、
初々しい化け猫顔が異彩を放っているもよう。
原作猫娘って、そういう立ち位置だったんだ……。

これは、なんとしてもほしいですねっ!
まだ、デザイン画の段階ですけど。



ところで、現在の管理人のステイタス ↓



こんな感じ。
妖怪舎のフィギュアですけども。

猫娘だったら、鬼太郎が助けに来てくれるのになぁ……
という妄想写真を追記に貼っておきます。

たくさん拍手ありがとうございます
拍手が身にしみます。
お返事は、「WEB拍手おへんじ」アイコンからご覧下さい。

[ 2008/06/14 01:56 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(2)

素敵な蒼猫イラストを頂きました 

蒼猫も黒猫も大好きですと吹聴して回っていたら、
なんとRDGの矢野さまから、素敵な蒼猫イラストを頂いてしまいました。

ありがたや、ありがたや。

CP絵なので追記に貼らせていただきますが、
梅雨の晴れ間、緑の映える森を散策する二人、
とてもさわやかなのに、ちょっとだけけしからん蒼兄さん……。
そんな胸キュンの一枚です。
追記の開け閉めは簡単なので、ぜひ見ていって下さいませ。

そして、拍手をたくさんありがとうございます
じーんときます。応援してもらってるんだなぁって。
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

[ 2008/06/12 01:49 ] 日記(つれづれ) | TB(0) | CM(12)

ゲゲゲの鬼太郎 第61話 今週のネコ娘 

第61話のネコ娘は、ほぼ理想形でした……!
第2シーズンに入って、一番変わったのはネコ娘かも、
なんて、密かに思っているところです。

というわけで、以下、今週のネコ娘。
ネタばれご注意下さい!
しかも、ちょっと長めです。

拍手ありがとうございます♪

※ システムの不調かコメントが入力できません。お返事は明日にさせて下さいー。

ゲゲゲの鬼太郎 第61話 妖怪城のたんたん坊 


今週のゲゲゲの鬼太郎は、第61話 「妖怪城のたんたん坊」でした。

以下、ネタバレご注意下さい。

鬼太郎では定番の妖怪城エピソード。
しかし、5期ではちょっと捻りが入っていましたね。
いわゆる本編ではなく、今後の布石、プロローグという感じでした。
その中で際立っていたのは、久々に登場したぬらりひょんの悪役ぶり!!
バックベアード様とはまた違う、卑劣な憎らしさが素敵です
加えて、部下も個性が立つ上手い使われ方。
クールな右腕のかまいたちと天然な癒し系のぬらりひょん。
どっちも、とても魅力的に描かれてました。

そして、今回は他のゲストもさりげなく上手い!
たんたん坊の憎めないキャラとぽよんとした柔らかい動き、
二口女の色っぽいしぐさと声色。
どちらも、一回限りではもったいないです。
ぬらりひょん配下として、復活したりしないのかしら。
あと、人間の兄妹も、素朴さに和みました。
特に、妹思いのお兄ちゃんが、かっこよかったです!

全体に、おどろおどろしい作画も効果が出てましたよね。
敵味方関係なく、キャラがクリアに描かれていてよかったのですが、
舞台となる森や城、旧家の様子も細かく描き込まれていて
恐ろしい雰囲気がばっちり出ていたと思いました。

西洋妖怪編といい、ぬらりひょん編といい、
鬼太郎第2シーズンは、ストーリー性重視みたいですね。
別々に収束するのか、最後は同じところに行きつくのか。
長いシリーズものにアクセントをつけるという意味では面白い試みで、
個人的には、かなり楽しみに観ています♪

お話の詳細は、追記にします。
拍手ありがとうございます!

サイト更新しました 


サイトに、過去記事をログしました → 

DSCF9216_20080608004444.jpg


何もないのもアレなので、
明日の鬼太郎に登場する予定の「大かむろ(たんたん坊)」写真。
5期は、茶色っぽい色合いでしたが、オリジナルは緑系らしいです。

ちょっと先週は忙しすぎました。
過労ぎみです。ゲホゲホ。

拍手ありがとうございます♪
レスは、右上の「WEB拍手おへんじ」からご覧下さい。

[ 2008/06/08 00:50 ] このブログについて | TB(0) | CM(2)

墓場鬼太郎グッズ 墓場鬼太郎 第二集 (初回限定生産版) 


少し前に発売された墓場鬼太郎第二集
寝子ジャケットが非常にかわゆすな一枚ですが、
ようやく特典映像を視聴できたので、レビューしておきます!

《墓場鬼太郎 DVD 第二集》

DSCF0119.jpg

発売日:2008年5月21日
価格:4622円
収録話:第3話「吸血木」/第4話「寝子」/第5話「ニセ鬼太郎」
初回限定生産特典:
・鬼太郎メンコ封入
・アニメ書き下ろし外箱付/中ジャケット・アマレイ仕様

映像特典:
・キャスト・インタビュー&アフレコ風景2 中川翔子/ピエール瀧 など

→ 映像特典

今回のインタビュー&アフレコ風景は、
寝子役のしょこたんこと中川翔子とトランプ重井役のピエール瀧。
前回と同じく対談形式かと思ってたら、一人ずつの録画でした。
アフレコもオリジナルではなく、本編の一シーン。
でも、前回が超主要キャストで特別だったということですよね♪

しょこたんは、とにかく一生懸命なインタビュー。
観ている方が緊張するような話しぶりでしたが、
コアな水木ファンに敬意を払う気持ちが、ヒシヒシと伝わってきました。
いい子だなぁ。

ピエール瀧は、好きな妖怪は?と聞かれて「ぬっぺふほふ」って。
しかも、パソコンの壁紙にしてるって……。
マニアックですね!!
トランプ重井の持ち歌「有楽町で溶けましょう」は、やはり元ネタを意識して
いろいろ調べて作った曲だそうです。
力入ってましたもんね。

そして、今回もすごかったのは、絵コンテギャラリー。
第4話・鬼太郎が地獄に行くシーンの絵コンテが公開されているのですが、
アニメと合わせて観ると、そのすごさがダイレクトに伝わってきます。
なんというセンスなんでしょうね!
あのアニメを、同じ人間が作っているとは思えなくなります。

以下、ネタバレっぽい写真をもう少し張っておきます。

拍手ありがとうございます♪
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」ボタンからご覧下さい。

[ 2008/06/07 03:05 ] 墓場鬼太郎 | TB(1) | CM(2)

ご当地目玉おやじ☆西北大決戦~北海道編 

今日は昨日からの続きもの。
ご当地目玉おやじ☆西北大決戦~北海道編をお送りいたします。

北海道編(一部抜粋) ↓

DSCF0137.jpg

ご当地目玉おやじ☆西北大決戦~京都編は、こちら → 

その前に一つ補足しておきますと、ご当地目玉おやじ~京都バージョンは、
昨日のもの以外にも、まだまだたくさんあるそうです。
鞍馬限定ねずみ男とか新撰組シリーズとか!
あれだけあれば十分と思っていたのですが、さすが京都ですね。
奥深すぎです……。

さて、写真が多いので、詳細は追記にしておきます。
ちなみに、ご当地目玉おやじ北海道編は猫娘だらけなので、
このブログに集う(と思われる)猫娘スキーは必見ですYO!

拍手ありがとうございます!連打嬉しいです
お返事は、右上の「WEB拍手おへんじ」アイコンからご覧下さい。

[ 2008/06/05 02:15 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(4)

ご当地目玉おやじ☆西北大決戦~京都編 

こんばんは。
少し前に京都に行ってきた私ですが、
その折には当然、アレをあるだけ全部買って帰ってまいりましたとも!

アレ ↓

ご当地目玉おやじストラップ
(ご当地目玉おやじストラップ)

今日はこれをご紹介しようと思ったのですが、
実は、今うちには、旦那が出張で買ってきた
北海道のご当地目玉おやじストラップも勢ぞろいしているのですw

そこで、今日と明日は、『ご当地目玉おやじ☆西北大決戦』と題して
京都と北海道のご当地目玉おやじストラップを、適当にご紹介いたします♪

以下、詳しくは追記にて!
拍手ありがとうございますー。

[ 2008/06/04 02:33 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(2)

ゲゲゲの鬼太郎 第60話 今週のネコ娘 

こんばんは。
なんか、仕事がまた山のようです……。

さて、今日は、第60話の今週のネコ娘。

最近、脚本や作画監督もチェックしようと思い始めたのですが、
その矢先、今回は神作画でしたよね!
特にネコ娘!!
表情も服装もしぐさも何もかも可愛すぎでした
作画監督は、薮本陽輔さんという方。
次回から、よくチェックしようと心に決めましたよ!

以下ネタバレですので、追記にします。
今回は、語りすぎていて、かなりアレです。
毎回すみません。

拍手ありがとうございます!
あと、サイトにリンクを1件追加させていただきました♪

ゲゲゲの鬼太郎 第60話 働け!!妖怪バリバリ 

こんばんは。
東京は、昨日とはうって変わって夏日。
このまま梅雨なしで夏ならいいのになぁと思ったり。

さて、今日のゲゲゲの鬼太郎は、第60話 「働け!!妖怪バリバリ」でしたね。

以下、ネタバレご注意下さい。

今回は、ギャグ満載のカオス回……と見せかけて、
お互いを大事に思うがゆえに生じる父と息子のすれ違いを
丁寧に描いた快作だったのではないかと思います
メッセージがストレートでまとまりがよかったし、
ケーキ屋の店主親子と鬼太郎親子を微妙に対比しているのも
5期らしくて、興味深かったです。

と思ったら、脚本は目玉おやじ回に定評のある吉田玲子さん。
なるほど、目玉おやじの活躍が光っていたわけですね!
それにしても、高山鬼太郎と目玉おやじの関係って、
溺愛ラブラブのようで、微妙な緊張感が漂っていませんか。
それもあって、どうしても高山鬼太郎は
一人でいろいろ悩んでそうなイメージなんですよね……。

また、今回は、ねずみ男の使い方もとても上手かった気が。
出番自体はそれほど多くないのですが、
夜中に窓から入ってくる場面など、印象的なシーンが点在。
薄気味悪い感じが上手く出ていて、面白い雰囲気でした。
こういう演出もいい感じ!好きです!

そして、詳しくは明日書きますが、影の主役はネコ娘?
と思うほど、ネコ娘も、陰日向に活躍してましたよね!(贔屓目?)
表情はバリエーション豊かだし、日替わりの洋服はどれも可愛いし、
そっけない鬼太郎を健気にサポートする様子には、萌え死にそうになりました。
こういう幼馴染っぽい二人のやり取りはツボすぎます!

以下、詳しいお話は追記にしておきます。
拍手ありがとうございます♪

カテゴリー
メールフォーム
メールはこちらからお願いします↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。