まっくら森

水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」について日々思うことを綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲゲゲの鬼太郎 いろはかるた 

まだまだ忙しいのですが……。

こんなものも買ってみましたシリーズ!

《ゲゲゲの鬼太郎 いろはかるた》



発売日 2008年8月1日
価格  2100円
内容  絵札44枚、字札44枚、字札一覧1枚

アマゾンでお買い物ついでに、ぽちっと押してしまったもの。
対象年齢6歳以上とあって、比較的ゆるい作りになってます。

とはいえ、さすがに絵札は美しい!
追記に少しだけ写真を貼っておきます。

拍手ありがとうございます♪


IMG_4191.jpg

中央は、原作の衝撃の最終回を彷彿とさせる絵札……。
裸にちゃんちゃんことは、ワイルドにもほどがあります!

こんな風に、イラストの選び方や字札の内容がフリーダムで
個人的にはかなりお気に入りの一箱になりました。

ところで、同じ時期に妖怪本舗のウェブショップにも
鬼太郎のいろはかるたが入荷しているのですが、
値段とビジュアルに食い違いがあり。

おそらく別の商品なのだと思うのですが、
なぜ同じ時期に同じ名前の異なる商品を企画するのか。
そちらも買って確かめるほどの勇気はないまま、
謎は深まるばかりなのでした。

スポンサーサイト
[ 2008/09/19 02:04 ] グッズレビューetc | TB(0) | CM(3)
これ、今年の夏にでたばっかりの商品なんですよねi-178
大阪で見たとき、箱の感じからこれはよさそうだと
だいぶまよったんですが、
中身も見れないし、娘も一緒だったし(笑)
とりあえずあきらめたんですよ。

うわ~、思ったとおりいいかんじです!
もうアマゾンで出てるんですねi-178
私も注文してきます~♪
ありがとうございます♪

妖怪舎のものは若干子ども向けっぽい仕様でしたよね。
昔からある、いわゆるかるたらしいデザインでした。
(こちらの方は中身がみられたんですよ。シュリンクパックしてなくて。)


裸ちゃんちゃんこの鬼太郎、
ゲタ吉しゃないほうの「その後の鬼太郎」ですね。
この話は・・・初めて読んだときは大変ショックでした。
いまでも、ちょっと避けてたりします(^^ゞ
[ 2008/09/19 04:03 ] [ 編集 ]
> りみさま

情報ありがとうございます~。
りみさんが詳しいのではないかと密かに思っておりました(笑)
発売日が2008年8月なので、販売されたばかりかなと思っていました。
amazonで取扱いがあるんですよ。
しかも、中身はかなりいい感じでした。
水木先生のイラストが美しい印刷でカルタ化されています。
珍しい妖怪も含まれていて、イラストの選択もなかなか。
私はとっても気に入りました。

妖怪舎の方は、もっと子どもっぽい感じなんですね。
こちらを買ってしまってから気付いたのですが、
買い物としては正解だったかもですね。
それにしても、りみさんのグッズ情報は相変わらずさすがです!

ところで、この中央の絵は「その後の~」です。たぶん。
実は、私は原作のそのエピソードは、話にだけ聞いて読んでいないのです。
初めてエピソードの存在を知ったとき、私もショックでした。
なぜそんな終わり方……!
水木先生らしいですが!
そんな絵札を紹介してしまってすみません。
ショッキングなのは多分この1枚だけだと思います(^ω^;)

[ 2008/09/21 03:47 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/09/23 05:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
メールフォーム
メールはこちらからお願いします↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。