まっくら森

水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」について日々思うことを綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲゲゲの鬼太郎 第76話 今週のネコ娘と新エンディング 

さて、今週のネコ娘。

あと来週からエンディングが新しくなるようなので
そちらについても少しだけ。

と言いつつ、全体にはかなり長く書いちゃいました。

以下、 ネタバレ ですので、追記にします。

拍手ありがとうございます。
あたたかいポチ♪に元気を頂いてます!


いや、しかし。
可愛かったですね!今週のネコ娘は。

第2シーズンは幼なじみ路線まっしぐらだった鬼太郎とネコ娘。
それもありと思いつつ、どこか物足りなかったのは確か。
そんな気分を一掃してくれたのが今回のエピソード。
第1シーズンのバスガイド回に匹敵する
キタネコ回だったのかも、と思ってます。

まずは、ねずみ男にグアム行きのチケットを渡され、
鬼太郎との甘い逢瀬を想像して赤くなるネコ娘。
いかにも怪しいねずみ男の態度に初めはツンとしていたものの
甘い想像に思わず赤面。
このほっぺが真っ赤な顔がとにかく可愛い!
そして、ねずみ男に八つ当たりする態度もまた可愛い
ネコ娘単体での可愛さもさることながら
やはりネズネコはある意味最強!と思い知らされた瞬間でした。

そして、鬼太郎と一緒にグアム島へ渡ったネコ娘。
おしゃれして白い清楚なワンピースでしたね。
白いつば広帽子がお嬢様っぽい雰囲気で
南国旅行に向かうワクワク感が伝わってきました。
頭の白いリボンは帽子の付属品かと思っていたら、
髪に直接ついていましたね。
帽子仕様で、付ける位置が違ったということのよう。

南の島で待ち構えていたのは、南方妖怪たち。
中国妖怪ミンメイの秋波に一瞬デレかけた鬼太郎ですが
ネコ娘にぎゅむーっと口をひっぱられ、
南方妖怪の攻撃が始まると、すぐに真顔に。
そして、ネコ娘を抱きかかえて物陰にジャンプ♪
いやー、このシーン3回くらい巻き戻して観ちゃいました。
ネコ娘に目玉おやじを託す鬼太郎の表情もかっこよくて。
昼行灯を気取りながら、いざという時には頼れる男、
という5期鬼太郎のキャラが生きてますよね。
ネコ娘を大事にしている感じも大変よろしい(笑)!

この後の戦闘でも、身軽さという長所を生かして
ミンメイの正体を暴いたり、にせ鬼太郎たちをやつけたり
ちょっぴり笑いも取りながら、大活躍。
清楚なワンピース姿で身軽に戦う姿が
個人的にたまらなかったのでしたw

そして、画皮を倒した後のシーン。
力尽きて倒れ込む鬼太郎をそっと支えながら、
やったね♪と顔を見合わせて喜ぶネコ娘。
二人の間にある深い信頼関係がにじみでているようで
ついニヤケてしまいました。

この後、妖怪横町の住人も加わって南の島でバカンス。
お約束としてねずみ男にカミナリは落としていたものの
屈託なくアマビエたちとビーチバレーに興じるネコ娘。
そして、まったりと側で見ている鬼太郎。
このさっぱりした距離感も安心できる要素かな♪

個人的には、ほのかな恋愛要素が一番萌えるので (^▽^;)

そして、5期スタッフブログによると、
来週からまたエンディングが新しくなるようですね。
個人的には、妖怪横町ゲゲゲ節が最強!と思っているのですが
新エンディングはそれに匹敵するような力の入れよう
というふれこみになっています。

しかも、ネコ娘が主役的な立場とのこと……!
これはちょっと期待しちゃうかも。

ちなみに、音楽は、メレンゲというアーティストの
スターフルーツという曲。
googleで検索しても、amazonで探しても
公式のデータが見つかりません……。
うーん。

スポンサーサイト
ゆゆ様、こんにちは。
今週も、三条氏エピソード回を堪能させて頂きました。

で、話題のエンディングについて。
何だか、第3シーズン予告編の雰囲気がしましたね。

・世話女房振りが板に付いてきた、ネコ娘にデレる鬼太郎。
・人間社会でバイトに励む、ネコ娘の姿(鬼太郎の為?)

・ホノボノしたゲゲゲハウスでの描写とは裏腹に、
 人間社会を巻き込んだ激闘が展開される。
・異形に化生する鬼太郎。人間と妖怪の対立劇の暗示か?

長期シリーズを考えたら、避けて通れないテーマなので、
3年目延長に期待したいですね。

ウ○○ラマン映画に駆り出された長谷川圭一氏、
シリーズ帰還して、エピソードを投下して欲しいですね。
何せ「ろくろ首編」生みの親ですから。
第5期で、特撮映画を意識した画面が見られるか?

妖怪四十七士に選ばれた雪女・茜。
益々、モテキャラと化した5期鬼太郎。
鬼太郎を本尊とした、5期キャラの曼荼羅が描けそうです。
(仏教寺院の仏像配置をイメージ)

中央・・・鬼太郎(火の要素。光もか?)
目玉親父とねずみ男が、両脇に並ぶ。

東・・・・ネコ娘(地の要素。化猫系)
西・・・・ ? (雷の要素。雷神系)
南・・・・ミ ウ(水の要素。人魚系?)
北・・・・ 茜 (風の要素。雪女系)
四天王か、四聖獣のポジションを意識。

その外輪は、子泣き・砂掛け・一反・塗り壁を菱形配置。

蒼坊主・黒烏・アカマタ・シバテン・雪女郎が、
更に外側を五茫星に並ぶ。

横丁妖怪、四十七士等が、更に外側で輪形に囲む。

鬼太郎の頭上に大天狗が、足下に閻魔大王が、縦一直線に並び、
それぞれ十三王と天狗ポリス達に、時計状に囲ませている。
最上層には水木しげる(笑) こんなお寺に行ってみたいです。
[ 2008/10/05 17:08 ] [ 編集 ]
> M NOMさま

こんばんは!
お返事が遅くなってしまってすみません。
今週はさすが三条さんの回といったところでしたね♪

エンディングの感想はまた別に記事にしようと思っているのですが、
予告通りネコ娘をフューチャーした上、
ちょっとかっこいい鬼太郎が見られる仕上がりでした。

第2シーズンに入ってから本当に面白くなったので
ぜひこのまま第3シーズン継続してほしいところです!
そして、脚本の長谷川さん。
最近あまり見ないと思ったら、別番組に引き抜かれていたのですね。
ろく子&鷲尾さんエピソードもそろそろ見たいところですよね。
ぜひ戻ってきてほしいです。

ご想像の曼荼羅。西側は蕾ちゃんでいかがでしょう。
どろどろしていて恐ろしいことになりそうですが(笑)!

[ 2008/10/08 23:54 ] [ 編集 ]
蕾ちゃんは、四十七士候補に上がっていたような・・・。
仲間の輪に入ってもいいかな?

西の女は、蒼坊主前世の女房を彷彿とさせる、雷神の娘か?
怒らせると電撃ビリビリで、御仕置きのあの娘。
鬼太郎のバッテリー役?(能力・パートナーが重なった)

カイを忘れていましたので、最前衛の六茫星に変更。
時計回りに雪女郎→黒鴉→シバテン→蒼坊主→カイ→アカマタと配置。

寺の外には四大勢力の魔が、四方から虎視眈々と狙っている。
東・・・ぬらりひょん一家
西・・・西洋妖怪軍団
南・・・南方妖怪勢力
北・・・チー一味
これで、千客万来です(笑)
[ 2008/10/09 04:12 ] [ 編集 ]
> M NOMさま

こんばんは。
蕾ちゃんは四十七士候補なんですか?
古椿の子どもで伝統的な妖怪ではないから
四十七士の選外かと思い込んでしまってました。

雷神の娘!
そういえば、蒼坊主の前世の女房って感じですね(笑)
本当に登場したら、年上好きの鬼太郎が
ちょっと鼻の下を伸ばしそうです。

六茫星と言えば、悪魔くんですね。
リンクしそうです。
そして、千客万来ながら、南の南方妖怪。
敵になるのでしょうか、味方になるのでしょうか。
目が離せません!
[ 2008/10/10 03:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
メールフォーム
メールはこちらからお願いします↓

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。